東日本地所

幸せな住まい生活の為に『東日本地所』は皆さんの“力”になります。

お問い合わせ

商品ラインナップ

戸建賃貸住宅経営

グランシティ

東日本地所では、土地活用のための賃貸住宅経営には、「グランシティ」をおすすめしています。

戸建賃貸住宅経営商品「CROSS MOVE(クロスムーブ)」

賃貸だからこそ、長期優良住宅に

グランシティの戸建賃貸について

一見すると賃貸には見えない、飽きのこないシンプルモダンな外観。一棟ずつ独立しているため、賃貸派が憧れる広々とした庭やガレージも確保。上下階、隣戸に気兼ねすることなく家庭でのびのびと生活できる、ニューファミリー層にも喜ばれるコンパクトな戸建住宅、それが「グランシティ」の戸建賃貸です。

活用しにくかった狭小地からはじめられ、投資額が小さく利回りの良い戸建賃貸経営がいま注目されています。地域で大きな差別化となり、ほんとうの我が家のように大切に暮らしてもらえるため、維持管理も容易。長期安定収入が可能です。

戸建賃貸イメージ

グランシティのメリット

POINT1

供給不足で戸建賃貸が足りていない

賃貸アパート・マンションは建築数が多いので、新築物件が絶えず供給されます。
その結果、年数が経ったアパート・マンションは空室が多くなります。
それに対して、「一戸建てに住みたい」という人が71.3%※もいるのに、戸建賃貸の供給数は2.4%※となっています。
戸建賃貸は人気があるので、高い家賃も見込めます。

※平成24年度調査「土地問題に関する意識調査」国土交通省
~今後望ましい住宅形態
※平成24年度調査「住宅着工統計」国土交通省
~賃貸住宅市場の実績について
POINT2

建築費が安いので投資回収が早い

戸建賃貸CROSS MOVEでは、資材の大量一括契約・プレカット工法による労務コスト削減で定額での建築を可能としました。
アパート・マンションと比べると、1/5~1/10の投資額で済みます。
定額投資で高い家賃が見込めるので、収益性が高く投資の早期回収を可能とします。

POINT3

戸建賃貸は節税効果が高い

グランシティを建築することで節税を可能とします。

CROSS MOVEの節税イメージ

POINT4

狭小地・変形地でも建築可能

50坪前後の狭小地や変形地は、アパート・マンションの建築は不可能となりますが、戸建賃貸はレイアウトの工夫で建築が可能となります。

狭小地・変形地でのCROSS MOVE建設

POINT5

売りやすく現金化しやすい

1棟丸ごと売却しかないアパート・マンションと違い、戸建賃貸は1棟ずつ売却することが可能です。

戸建賃貸の売却の流れ

POINT6

ライフスタイルで活用法が選べる

戸建賃貸の活用法

設備と仕様

間取り例

借り手が感じる戸建賃貸の魅力

戸建賃貸の魅力1

モダンで洗練されたデザインなので、マイホーム感覚で入居でき、マンションやアパートに比べ満足度・長期入居率が高いのが特長です。

戸建賃貸の魅力2

家賃補助がでるお仕事をされている方やローンを組みたくない方などは、”あえて”賃貸に住みたいと考えます。賃貸でも戸建てに住みたいと考える方が多いです。

戸建賃貸の魅力3

敷地20坪から建築可能です。さまざまなパターンをご用意していますので、土地の大きさや形状の制約を受けずに戸建賃貸を経営できます。

グランシティ 実績

60坪の土地にグランシティを2棟建築した場合
家賃が12万円の場合・・・年間収入:288万円

土地をお持ちのオーナー様

建設費 1,100万円x2= 2,200万円
その他経費 200万円x2= 400万円
計2,600万円
年間収入 12万円x2棟= 288万円
表面利回り 288万円÷2,600万円= 11%

土地から購入する投資家様

土地購入費用 (坪:12万円)= 720万円
建設費 1,100万円x2= 2,200万円
その他経費 200万円x2= 400万円
計3,320万円
年間収入 12万円x2棟= 288万円
表面利回り 288万円÷3,320万円= 8.6%