TOPICS/トピックス

日本経済新聞に
当社の記事が掲載されました。

2024年3月12日

【記事抜粋】
埼玉県・西東京など首都圏において、戸建ての賃貸物件の建築事業などを展開する東日本地所(さいたま市)が2月末、 東京証券取引所の「東京プロマーケット」に株式上場した。 4月には4つめの営業拠点として川口市に新たに支店を開設する。

上場の大きな狙いの一つが人材確保の強化で、資金調達よりも会社の知名度向上に主眼を置いている。 「顧客からの信頼、社員の士気が高まることも上場のメリット」(黒岩社長)という。

東日本地所は戸建て賃貸住宅「グランソフィア」ブランドを主力とし、不動産の売却を検討しているオーナーから買い取りや仲介をしている。 戸建て賃貸住宅は建築から入居付け、賃貸管理をワンストップサービスで実施できるのが同社の強みだ。 賃貸住宅については2016年の設立以来、550棟以上の実績があるという。

ファミリー層をターゲットにしている。 平均入居年数は約7年と、集合住宅などと比べて長いことも特徴だ。 黒岩社長は「戸建ての賃貸ならば東日本地所と言ってくれる顧客も増えており、会社の知名度は高まっている。 今後も首都圏を中心に事業を拡大していきたい」と話す。

新たな支店を置く川口市は、2012~23年まで12年連続で転入超過が続いている。 市では川口駅にJR上野東京ラインを停車させるための検討が進んでいる。 また、同駅前の商業ビル跡地に新たな商業施設の刷新計画も進むなど、利便性の高まりが期待されているエリアだ。


【インタビュー】
上場後の事業の展望について、黒岩社長に聞いた。

――今後の人材確保の目標は。
「業界経験が長く即戦力として活躍してくれる中途社員、及び新卒の採用強化にも弾みをつけたい。 新卒については当面、毎年40人前後を採用できるようにしたい」

――足元の経営環境をどのように見ていますか。
「物価やエネルギー価格の高騰は当面も続くと見られ、 2024年度からは物流・建築業界においての働き方改革関連法の時間外労働の上限規制ものしかかる。 社内でプロジェクトチームを作り、契約から着工まで、着工から竣工までのそれぞれの期間で、 業務効率を高めることで、1カ月ほどの日程短縮を目指す」

――従業員の働きやすい環境づくりも進めているそうですね。
「人材採用強化、業績評価の要件を明示することで評価制度も刷新する。 社員のモチベーションを引き出せる管理職研修、資格取得の支援にも力を入れている」

新規営業拠点開設のお知らせ

2024年3月13日

お客様各位

株式会社東日本地所
代表取締役 黒岩 主信


新規営業拠点開設のお知らせ

平素は格別のお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。
当社は、埼玉県さいたま市に本社、東京都府中市に府中支店を置き、 埼玉県、西東京地域及び首都圏を中心に建築営業活動を行っております。 この度、戸建て賃貸住宅建築の事業拡大を図るため 埼玉県川口市に新支店を開設する運びとなりました。 川口市を中心とした近隣市及び東京都東部地域の戸建て賃貸住宅の需要を掘り起こし、 当社の業容の拡大を図るものであります。
今後とも変わらぬご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

<新規拠点の概要>
1.名 称 : 株式会社東日本地所 川口支店(仮称)
2.所在地 : 埼玉県川口市栄町3-5-1 高梨ビル8階
3.開設日 : 2024年4月1日(予定)

【本件に関するお問い合わせ先】
住所 : さいたま市中央区新都心7-2 大宮サウスゲートビル5階
TEL : 048-711-7371

以上

新規上場いたしました。

弊社は、長年の努力と皆様のご支援により、 令和6年(2024年)2月27日に東京証券取引所 TOKYO PRO Market市場に上場することができました。
これからも皆様に信頼される企業であり続けるために、 さらなる成長を目指してまいります。

私たちの経営理念は、「豊かで魅力ある商品価値を創造し社会に貢献する」を 掲げており、お客様に最高の満足度を提供することです。
これからも、戸建て賃貸住宅建築、不動産仲介・売買、賃貸管理を事業の柱に、 お客様のニーズに応え、信頼を築いていく所存です。
今後とも、ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

敬具

令和6年(2024年) 3月吉日
株式会社 東日本地所
代表取締役 黒岩 主信
【お問い合わせ先】
住所:さいたま市中央区新都心7-2 大宮サウスゲートビル5階
TEL:048-711-7371